ギリシャ政府奨学金財団留学生







Google















ギリシャ政府奨学金財団留学生


●専攻分野
A: 現代ギリシャ語・文化
B: 以下のとおり

・大学院(第二修士、博士)レベル奨学金:限定なし
・研究助成奨学金:限定なし
・教師・研究者奨学金:ギリシャ語・文学・哲学、歴史・芸術
・研究奨学金:美術
・研究資料収集奨学金(博士課程レベル):限定なし
 *「a. 大学院レベル奨学金」のみ学位授与。

●受入機関
ギリシャの大学(A、B共通)

● 待遇
1 月額
A:150ユーロ
B:(a. d. e.)500ユーロ
(b. c.)650ユーロ

2 一時金
A:200ユーロ
B:600ユーロ

3 授業料免除(Bについては"School of Modern Greek Language"を含む)

4 論文作成費【「B-a 博士レベル」のみ】:上限 300ユーロ

5 実験費【「B-a 博士レベル」でプログラム上必須の場合のみ】:上限 300ユーロ
* 往復渡航費、会議費、セミナー費等は支給されない。
* 扶養家族に対する補助はない。
* 緊急の場合には、公共医療機関での公共病院医療費を支給する。

●応募資格
1 日本国籍を有する者

2 健康な者

3 学歴(申込時)
A:人文科学(*)分野の修士号取得者
*:人文科学とは、考古学、教育学、民族学、民俗学、歴史学、言語学、文学、文献学、哲学、心理学、演劇学、神学、社会学、翻訳の各分野を指す
B:
a. 修士号保持者
b. 博士号保持者
c. 修士号保持者でギリシャ語・文学・哲学、歴史・芸術の教師または研究者
d. 修士号保持者
e. 修士号保持者
※いずれも取得見込みの者は対象とならない。

4 年齢
A:50歳以下の者
B:
a. d. e. …35歳以下の者(医学を専攻する者のみ40歳以下)
b.…45歳以下の者
c.…55歳以下の者

5 語学能力
A:ギリシャ語の基礎的な知識のある者
B:英語、フランス語のうちいずれかの言語で研究活動がおこなえる者(ギリシャ語の能力を有する者は優先される)

6 これまでにギリシャ政府奨学金財団から奨学金を受けていない者


詳細は日本学生支援機構のHPを参照のこと
   ↓   ↓   ↓

   日本学生支援機構




過去、2,315名を合格に導いてきた「大学受験一発合格請負人」書き下ろし!国立大学医学部医学科・受験合格術