フランス政府給費留学生







Google















フランス政府給費留学生


●専攻分野
・第一部門 a 文学、 b 言語学、 c 翻訳・会議通訳、 d 仏語教授法
・第二部門   人文・社会科学 a 歴史、地理、社会学、教育学、人類学、民族学、東洋学、古文書学、考古学、人口学、図書館学、その他;
b 哲学、心理学、精神分析、神学;
c 政治学、法学、経済学、経営学;


・第三部門   科学・技術 a 数学、物理、化学、地球科学、生命科学;
b 医学*、生物医学*;
c 工学;  d 農学; e 海洋学;
f 都市計画[都市空間における整備] 及び 建築
* 受入れ志望機関がパスツール研究所の場合、日本パスツール協会との日仏共同奨学金プログラムとなる。


・第四部門   アート・マネージメント、美術史、博物館学、音楽学、演劇学、映画学

●受入機関

● 待遇

●応募資格


詳細は日本学生支援機構のHPを参照のこと
   ↓   ↓   ↓

   日本学生支援機構

例年、在日フランス大使館は日本との協力を推進している分野における学生、研究者の育成を目的としてフランス政府給費留学生を募集している。給費生は日仏審査員よる筆記、及び面接試験により選考される。受験者には明確な研究計画、又、既にフランスの大学、研究所或は指導教授とのコンタクトがあることが求められる。例外を除き、選考された給費生には一大学年度の給費が与えられ、二年目は社会保険給費が与えられる。




過去、2,315名を合格に導いてきた「大学受験一発合格請負人」書き下ろし!国立大学医学部医学科・受験合格術