国語 古文の勉強方法

もはや日本語ではない。英語である。なので英語を勉強するように進めていきました。僕は基本的には単語と文法に分けて勉強し、学校で配布された過去問などで力をつけていきました。

参考書として、学研から出版されている『マドンナ古文単語』と『マドンナ古文』を推薦します。ずば抜けて偏差値の高い大学を受験しない限り、たぶんこの二冊で大丈夫かと。高校の先生も推薦しているので内容は本物かと。まさに大学受験のための参考書で、マイナスから始めた私でもセンター試験ではかなり読解できました。詳しくは参考書で習ってもらいたいですが、古文は重要単語230を覚え、文法に沿って読んでいけば大概は読めます。

英語と同じように、古文単語には複数の意味を持つ単語が多くあります。ある参考書には、一番重要な意味だけを覚えればいい、とありました。しかし意味が全く異なるモノもあるし、受験では意味を選ばせる問題もあります。覚えないよりは覚えた方が良いと思います。

これも英語と同じなんですが、問題文中に分からない単語が出てきたら、前後の文脈から判断して最適な意味を見つけましょう。まぁ、後は参考書を読んでください。

「大学受験1発合格の極意書」進学率100%の進路指導センター社長があなただけにお教えします。




過去、2,315名を合格に導いてきた「大学受験一発合格請負人」書き下ろし!国立大学医学部医学科・受験合格術